電話オペレーターのアルバイトで忍耐強くなった

派遣会社を通して、
カスタマーセンターの電話オペレーターの仕事をしました。
このバイトを選んだ理由の一つは、
個人の仕事をこなしていく内容なので、
人間関係の面倒くささがないと思った点でした。

その通りでした。

一人一人、区切られたブースに座って、
架かってきた電話を黙々ととっていくという仕事でした。

休憩時間に同僚と話したり、ラ
ンチを一緒にとったり、という事はたまにありましたが、

仕事の中で他の人と関わるって言う事は、
まずありませんでした。

他人と関わるのがあまり好きではない私にはぴったりのバイトでした。

それに、すべてが機械的だったので、
電話を多くとればとる程(もちろん正確な対応した上で)
時給も上がって行きました。

その他、気に入ったのは、
丁寧語や尊敬語などの言葉遣いが身に付いた事です。

このバイトをしばらくやって、自分でもすごいな、
と思った事があります。

クレーマーからの電話に対応している時、
メチャクチャに頭にきているんですが、
とても穏やかに会話ができるようになった事。

口では笑っているんですが、
実は顔は怒っている、という事です。
お陰で、辛抱強くなった気がします。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサード

このページの先頭へ